拓殖大学「教育ルネサンス」改革改善への取組


01-1 教育・研究 - 大学全体の取組等

教育組織の見直しとカリキュラム改編

- 国際日本語学科(仮称)の設置(認可申請中)、英米語学科及び国際学科の定員増(認可申請中) -

01国際日本語学科設置作業部会.JPG

国際日本語学科設置作業部会


03国際学科作業部会2.jpg

英米語学科作業部会

国際学科作業部会


外国語学部国際日本語学科(入学定員:50名)の設置並びに外国語学部英米語学科(入学定員:30名増)及び国際学部国際学科(入学定員:50名増)の定員増における申請準備を行うことを目的として、平成30年1月に学科設置等準備委員会を設置するとともに、本委員会の下に①国際日本語学科設置作業部会、②英米語学科作業部会及び③国際学科作業部会の三つの作業部会を設置し、申請のための具体的な作業を進めてまいりました。この度、申請書類の作成を完了し、平成31年3月26日に「外国語学部英米語学科及び国際学部国際学科の定員変更認可申請」を、平成31年4月22日に「外国語学部国際日本語学科の設置に係る届出書」を、文部科学省に提出する運びとなりました。その申請内容の概要は、次のとおりです。なお、審査結果は、平成31年6月下旬に文部科学省のホームページで公表される予定です。

1.外国語学部国際日本語学科(仮称)の設置(認可申請中)

日本の伝統文化・社会・産業・科学技術から昨今のポップカルチャーや「クール・ジャパン・キャンペーン」まで、我が国に関心を有する人々の輪は、昨今のICTの急激な拡大・向上の中、年齢、性別、居住地、職業等の如何を一切問わないまま拡大し続けているが、日本に関する情報とはいいながら、不正確なものや分析不十分なものも散見され、このまま知識として定着してしまうことが危惧されます。
日本人及び日本社会は、このような状況を回避するため、日本に関心を有する全ての人に、日本人との直接対話、日本の文化・社会・歴史・自然等に直接ふれることのできる環境を、自らの使命として積極的に整えることが必要となります。
本学は、大学院言語教育研究科、別科日本語教育課程及び日本語教育研究所を有しており、すでにこれまでも日本政府による戦後賠償留学生の受け入れに伴う日本語教育の実施等、我が国の日本語・日本文化の教育・普及等に貢献してきました。
今後はこれらの組織と一体となり、日本を正しく見、知り、理解するための基盤となる高等教育段階の日本語及び日本文化等に関する学修の機会を提供するとともに、世界各地において日本語・日本文化の普及・拡大の中核となる人材を養成することを目指して、外国語学部国際日本語学科を設置するものです。

○国際日本語学科(仮称)紹介サイト

2.外国語学部英米語学科の拡充(認可申請中)

グローバル化が進む高等教育機関の国際的ランキングにおける我が国の大学の順位の後退、国際機関で働く日本人職員の比率の低迷等、日本の国際化の鍵は日本人の英語能力の底上げにあるといわれて久しい。
また、昨今の日本に来る外国人観光客の急増や情報通信技術(ICT)の急激な拡大・向上は、たとえ日本人が日本国内で生活する場合であっても国際共通語たる英語のコミュニケーション能力を要求することも多く、特に、平成32(2020)年のオリンピック・パラリンピック競技大会等、日本を舞台に開催される国際行事も枚挙にいとまがない状況に鑑みれば、その傾向は急激に強まっています。
さらに、近年の近隣諸国との文化的摩擦の拡大は、この先、日本が世界に尊敬される国として立ちゆくためにも、国として日本人各層の英語能力・国際発信力を早急に向上させることが必要になっています。
本学では、これまでも優秀な英語の使い手の育成に取り組んで来たが、上記のような認識のもと、今後はさらに、より多くの日本人が日本の文化・社会・産業・歴史等について英語を用いて過不足なく説明できる社会状況を実現することを目標に、外国語学部英米語学科の定員の拡充を図ります。

3.国際学部国際学科の拡充(認可申請中)

本学は創設以来、卒業後、国内外で「地の塩」となって活躍すべく幾多の人材を世界各地に送り出してきた。第二次世界大戦以前は、台湾や朝鮮半島、中国等において、また戦後は東南アジアへの対外経済協力活動や中南米等への国づくりの一助となるべく世界各国に活躍の跡を残してきました。
一方、現代の国際社会には地域紛争や人種問題、地球温暖化、環境汚染、農業・漁業資源の枯渇など国際機関や国家による対応が必要な課題から、個々人の対応が可能なものまで様々なレベルでの交渉・利益調整・共同作業等が必要とされる課題があり、しかも今後もさらに増えそうな勢いにあります。
本学としては、これまでの伝統と実績を活かして、世界各地に存在する幾多の難問に現地の人々とともに粘り強く取組み、実践的かつ効果的な解決を導き出すことのできる気概と専門知識を有する人材の育成をさらに強化し、以て世界の持続的発展に一層の貢献をするため、国際学部国際学科の定員の拡充を図ります。

○英米語学科及び国際学科の定員増紹介サイト

April 23, 2019 11:36 AM