拓殖大学「教育ルネサンス」改革改善への取組


01-1 教育・研究 - 大学全体の取組等

学生の質保証

- 拓殖大学「アセスメント・ポリシー」を策定しました-

photo_school-motto_01.png

大学の大衆化と学生の多様化が一層進む中、国際性の観点からも、大学の質を社会に保証していくことが求められており、これに対応するための施策に取り組んでいます。
その一環として、本学では、アセスメント・ポリシーを策定しました。アセスメント・ポリシーとは、学生の学修成果の評価(アセスメント)について、その目的、達成すべき質的水準及び具体的実施方法について定めた方針です。本ポリシーは、「三つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)」に基づき、策定しているもので、学生の学修成果に対する自己点検・評価の検証に活用し、教育の改善・改革に繋げることを目的としています。 本ポリシーは、次のとおり、入学時、在学時、卒業時の段階において、大学全体レベル(機関)、学部レベル(教育課程)、科目レベル(授業)の三つのレベルで、学修成果を検証します。

1.レベルの概要

(1)大学全体レベル(機関)
学生の志望進路(就職率等)から学修成果の達成状況を検証します。

(2)学部レベル(教育課程)
学部における卒業状況(卒業・修了率)及び卒業・修了時実態調査等から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を検証します。

(3)科目レベル(授業)
講義要項(シラバス)に示した授業の到達目標に対する授業改善のための学生アンケート結果から、科目ごとの学修成果の達成状況を検証します。

拓殖大学アセスメント・ポリシー

レベル入学時在学時卒業時
アドミッション・ポリシーに沿った学生の受入の検証カリキュラム・ポリシーに沿った教育課程の検証ディプロマ・ポリシーの到達目標の達成度
大学全体レベル
(機関)
・入学試験
・新入生実態調査
・学修行動調査
・学生実態調査
・進級状況
・退学状況
・卒業・修了時実態調査
・卒業率
・就職率
・ルーブリック
学部レベル
(教育課程)
・入学試験 ・学修行動調査
・成績評価の分布
・GPA
・卒業・修了時実態調査
・卒業率
・就職率
科目レベル
(授業)
・プレイスメントテスト(英語習熟度のクラス編成) ・授業改善のための学生アンケート
・プレイスメントテスト(英語習熟度のクラス編成)

このポリシーに基づき、令和3(2021)年3月に過去 3年間の各種データ(進級者数、退学者数、GPA、成績評価の分布、卒業者数及び就職内定者数)を踏まえ、学修成果の検証を実施し、「拓殖大学『アセスメント・ポリシー』に基づく検証」を次のとおり取りまとめました。

○拓殖大学『アセスメント・ポリシー』に基づく検証(PDF)

October 26, 2018 1:40 PM