PROJECT NEWS


【CONTIGO】おおた研究・開発フェア2018にて八王子防災プロジェクトを出展しました!

CONTIGOでは10月25日、26日の両日、おおた研究・開発フェア2018において拓殖大学産学連携研究センターと共同で「八王子防災プロジェクト」の展示・報告を行いました。
拓殖大学では産学官連携(八王子市、 (株)エイビット、拓殖大学、他3社)により「IoT・AIを活用したリアルタイムハザードマップの作成と行動支援情報の提供モデル実証事業」を共同で進めてまいりました。この事業は、「八王子市の防災、特に河川の氾濫に対する安心安全をIoT技術で構築する取り組み」として、総務省委託事業「IoTサービス創出支援事業」に2017年3月に採択されています。なお、研究には工学部 前山利幸教授が協力をしています。八王子地域の防災と地域連携を行うCONTIGOでも、八王子国際キャンパス内に流れる河川にセンサーを設置するなどの協力をしてまいりました。当フェアでは本学を含め30もの大学・研究機関が出展しており、本学が持つ「知識・ものづくり力」をアピールすることができたと思います。また、2日間の開催で、主に情報通信系の企業を中心に1,500名を超える入場がありました。多くの企業との交流とともに、八王子でのIoTを活用した産官学連携の活動は多くの方から関心を頂き、盛況のうちに終えることができました。

October 31, 2018 2:41 PM