PROJECT NEWS


Orange Life「パラリンピック競技・ブラインドサッカーのボランティアへ参加しました!」

6月23日(土)、24日(日)、7月7日(土)、8日(日)、アミノバイタルフィールド(東京都調布市)で開催された「第17回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」及び7月15日(日)、ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA(千葉県千葉市)で実施されたブラインドサッカー男子日本代表合宿に学生及びOrange Lifeメンバー計13名(学生11名、メンバー2名)がボランティアとして参加しました。
ブラインドサッカーとはパラリンピック競技の一つで、フットサル(五人制)のルールを基に考案されており、キーパー以外は全盲の選手がプレーするものです。大会でのボランティアは会場設営や受付、試合運営補助、会場内誘導、会場撤収作業等があり、日本代表合宿のボランティアでは会場設営・撤収はもとより、選手の練習・給水サポート等も行いました。また、今回のボランティアは、6月に本学両キャンパスにて開催した、車いす操作や視覚障がい者の誘導などを学ぶ「サービス介助基礎検定」と、スポーツのやりがいや楽しみ方を学ぶ「スポーツボランティア研修会」で学んだことを発揮する場にもなりました。参加メンバーは、パラリンピックをはじめ競技への理解を深めると共に、自身に課せられた役割を全うする達成感を世代や職業・経歴の異なる参加者と共有したことから、東京オリンピック・パラリンピックボランティア参加への思いをより一層高めることができたと思われます。
Orange Lifeでは、本年9月中旬(予定)より開始される2020年東京オリンピック・パラリンピックボランティア募集を見据え、ブラインドサッカーをはじめ各種スポーツ大会等へのボランティア参加や学内スポーツボランティア研修会、サービス介助基礎検定を実施しています。2018年7月現在、本学には「スポボラ.net」ボランティア登録学生・教職員は156名、スポーツボランティア・リーダーには2名の職員が登録されており、これまでにも様々なスポーツボランティアに参加し、スポーツシーンを支えながら自己成長に繋げています。
また、東京オリンピック・パラリンピックボランティアの募集人数は計94,000名。参加は個人応募となります。興味のある学生は上記の各種研修会に是非参加して、ボランティア応募に備えてください。研修会実施の案内は、随時Takudai Portalにてお知らせしていますので、チェックしてください。

July 19, 2018 9:42 AM