PROJECT NEWS


TDS【出張スポーツ講座:相撲部・相撲教室】

10月14日(土)に武蔵野市立関前南小学校にて「関前場所」が開催され、これに伴う事前練習及び当日の審判として本学相撲部が参加しました。「関前場所」とは、関前南小学校の全校相撲大会で相撲を通して、力強い動きを持続する能力を高める運動を行い、体力を高め、挑戦する姿勢や勝敗を超えた礼節を重んじる態度を育成するため小学校独自で毎年開催されています。今回、短い時間の中で相撲の基本の四股と怪我をしないための股割りと受身、取り組みではまわしを掴んで押すことをしっかりと指導しました。最初はみんな四股がうまく踏むことができずバランスを崩している子や受身では頭を地面にぶつけてしまう子もいました。また、小学生は話を聞いてくれるのか心配でしたが、みんな熱心に話を聞いてくれたので教えることが楽しくなりました。関前場所では指導したとおり、まわしを掴んで押すということを一生懸命にする児童たちの姿を見ることができ、私も元気をもらいました。また来年も参加する機会があれば行ってみたいと思い、小学生に相撲を教えるという貴重な体験をすることができました。

国際学部国際学科4年 相撲部 中山綾太

December 19, 2017 11:23 AM