PROJECT NEWS


チームシューカツ「社会人基礎力育成グランプリ」学内選考会レポート2017

2017年10月21日に拓殖大学文京キャンパスにて社会人基礎力育成グランプリ学内選考会が行われ、実施運営はチームシューカツの学生運営委員が務めました。このグランプリは、「大学での教育活動を通して、どのような活動に取り組み、どのように社会人基礎力が成長したか」をテーマにプレゼンテーションを行い、学生たちの社会人基礎力の成長や知識の深まり等を審査します。本大会は出場チームの中から関東大会に進むことの出来る最優秀賞と優秀賞の2チームが選出されます。今年度は12チームの出場があり、最優秀賞を鄭偉ゼミナール1が受賞し、優秀賞には潜道ゼミナール孤食班が受賞しました。

全チームの発表終了後には、学生運営委員による企画、交流セッションを行いました。今年度はクイズ形式の早押し問題を企画しました。内容は、主に拓殖大学にまつわる問題や、ビジネスの場で役に立つ問題を主に出題しました。発表チーム同士ではなく、無作為にチームを作ることで、会場全体で交流することが出来ました。事前準備の時点では、計画を実行するにあたり、見通しの不十分さとコミュニケーション不足が重なり、成功することが出来るか不安でしたが、当日は参加された出場者の協力により、大いに盛り上がることが出来ました。

学生運営委員では、掲示物事前準備から会場設営、当日の運営までを行いました。先生方に力を貸していただいて、学生たちが主体となり運営していくことは、私たちチームシューカツにとって成長につながるものになりました。これからは拓殖大学以外の学生も参加をする関東地区大会、全国大会を控えているので今回よりも強いチームワークで、拓殖大学の名に恥じのないスムーズな活動を行っていきたいと思います。

【文責】平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ学生
運営委員
政経学部 経済学科 3年 増山未来
政経学部 経済学科 3年 田村理絵

November 26, 2017 8:12 PM