PROJECT NEWS


TDS【第2回スポキャンレポート④:吉川愛美】初体験と笑顔

7月2日(日)に八王子国際キャンパスで開催された第2回「スポーツオープンキャンパス」を拓大生がレポート!学生たちが現場を見て感じたことをシリーズで紹介します。

【空手部レポート】
今回、私は初めて空手を体験してきました。体験では拳の握り方、突き、蹴りを選手の方と一緒にやりながら空手がどのようなスポーツなのかを知るという内容だった。最初は、一つ一つの動作をゆっくりやり、慣れてきたら少し速めて突き、蹴りをやりましたが、少し速めてやってみると、思うようにいかず苦戦した。また、蹴りではバランスがうまく取れず、よろけてしまう場面もあった。しかし、その度に学生の方がアドバイスをして下さった。体験後、実際に空手部の選手によるデモンストレーションを見せていただいた。一つ一つの動作のキレ、突きをした瞬間のシュッという音にとても驚いた。普段はできない空手体験ができ、とても良かった。

【水泳部リポート】
今回、水泳部イベントの目玉は何といっても"北京オリンピック日本代表の藤野舞子さんと現役大学生選手"の指導が受けられる『正しい泳法と泳力アップ』教室。内容として楽しみながら、そして正しい泳法と自分の泳力アップに向けて少しでも多くのことを学ぶというものだった。参加している子供たちは、藤野選手が言う泳法のポイントを真剣に聞き、一生懸命泳いでいた。現役大学生選手たちも、普段接することがあまりない子供たちとコミュニケーションを取りながら、練習の補助に入り子供たちのサポートをしていた。水泳教室を見ていて、子供たちや学生がとても笑っていたのが印象的だった。来年もこの体験教室に参加したいとの声多数なので、水泳部にはぜひ続けて実施してもらい、子供たちにもどんどん参加してほしいと思った。

国際学部 国際学科2年 吉川愛美

★学生によるレポート動画はこちらをクリック!★

August 28, 2017 4:14 PM