拓殖大学「教育ルネサンス」改革改善への取組

カリキュラム・マップの作成と
ナンバリング導入

-平成30年度から全学的に導入します-

img02

各学部・学科の「卒業認定・学位授与の方針」における教育研究上の到達目標を達成するためには、順次性のある体系的な教育課程を編成・実施することが必要です。そのためには、学生に身につけさせる知識・能力と授業科目との間の対応関係を可視化し、体系的な履修を促す「カリキュラム・マップ」「カリキュラム・ツリー(履修系統図)」及び「科目ナンバリング」を作成することが重要であると考えます。これにより、到達目標がより明確となり学生の学修への動機付けが高まるとともに、学生が将来の進路を考慮して学修計画に役立てられることが期待できるものです。
以上の趣旨に基づき、本学では、平成30年度から、次の要領で全学的にカリキュラム・マップ、カリキュラム・ツリー及び科目ナンバリングを導入します。

○カリキュラム・マップ及び科目ナンバリングについて(PDF) ・資料1 DP到達目標のキーワード(PDF) ・資料2 カリキュラム・マップ及び科目ナンバリング(PDF) ・資料3 カリキュラム・ツリー(PDF) ・資料4 科目区分コード一覧(PDF)

その他の取組