拓殖大学「教育ルネサンス」改革改善への取組

地域社会との連携

-警視庁高尾警察署と「災害ボランティアに関する覚書」を締結-

img02

災害ボランティアに関する覚書を締結した、加島高尾警察署長(左)と河田拓殖大学常務理事(右)

本学は、「地域に根ざした大学」を目指します。大学は地域と共生し、地域から信頼される存在となることが必要であり、これらの達成に向け、地域社会との交流のさらなる推進に取り組んでいます。その一環として、本学は平成29年8月8日、大規模災害発生時における警察活動に従事する警察官の食事補給(後方支援)を目的に学生ボランティアを派遣することについて、警視庁高尾警察署と「災害ボランティアに関する覚書」を結びました。
これは、大規模災害発生時に警察官が救出救命活動等に専念できるよう、学生ボランティアが高尾警察署内において署員の食事を補給するもので、警察署内における後方支援ボランティアは同署初となります。
高尾署の加島秀幸署長からは「後方支援のボランティアによって、ひとりでも多くの署員が救出救命活動等にあたることができるので期待しています」とのご挨拶をいただきました。
本学と高尾署はこれまでにも、八王子花火大会に語学ボランティアを派遣して通行人の安全を守るための外国語アナウンスを行うなどの連携を行っており、これからも更なる連携強化を目指してまいります。

その他の取組