PROJECT NEWS


チームシューカツ、学生アドバイザーによる就職相談会を取材!

■就職活動の上手な進め方〜内定を獲得した先輩から聞きました〜

【学生アドバイザーによる就職相談会とは何のため?】
就職活動とは体力的にも精神的にも辛いものです。このプログラムは普段聞くことのできない素朴な質問でも遠慮なく相談でき、これから就職活動を迎える4年生の学生たちの悩みや、疑問を解消してもらうことを目的にしています。また、身近な先輩から就職活動について話を聞くことで自分の将来について考えるきっかけになり、更には採用方法は常に同じとは限らないので、最新の情報を得ることができます。今回私たちは、八王子国際キャンパスで開催されたこの相談会を見学し、どのような活動をされてきたのかを直接学生アドバイザーの方々や、八王子就職課の君野様にお話を伺ってきました。

【何でその会社?何が大変だった?】
志望理由は、学校の説明会に参加していて様々な業種の企業説明を聞いた結果、会社の考え方が自分に合っていて魅力を感じたとのこと。また、自分のやりたい仕事だなと思ったと同時に、自分が志望した業界で様々な勉強をすることで自身のためにもなると思ったからだそうです。また、内定を獲得するために努力したことは、SPIの勉強や自己分析と企業分析、エントリーシートの書き方を中心に時間をかけ、偽りでは無い素の自分を出すことを常に意識したそうです。活動自体では、自分の苦手なことは早めに対処すること、言葉遣いに気を付けることが挙げられ、更に他社比較などをしっかりとして、なぜこの企業が良いのかを明確にし、面接で聞かれた際にしっかりと受け答えが出来るようにすることが必要だったそうです。そして何よりも体調の管理をしっかりすること、時間に余裕を持った行動をするように心がけていたそうです。

【活動を開始する皆さんへ一言アドバイス】
最後に就職活動を迎える読者の皆さんに対するアドバイスをいただきました。「"失敗を恐れない、焦らない""自分のやりたいことを突き詰めて!""体調管理を万全に""何よりも笑顔と元気を忘れない"とにかくあまり深く考えず、時には息抜きをして、自分が入りたい企業に入れるよう、楽しみながら頑張ってください」とのことでした。

【参加学生へのアンケート】
参加した学生に参考になった内容についてアンケートを取った結果、以下の回答が上位に多く寄せられました。
「就職活動の進め方」、「面接に関して」、「エントリーした企業の数」、「履歴書、エントリーシートについて」
この回答以外にも学生アドバイザーの方々が親身になって教えてくださるので、事前に聞きたいことをまとめてから参加することをお勧めしたいと感じました。

【八王子就職課君野様よりアドバイス】
これから就職活動を迎える学生たちにアドバイスをいただきました。
「就職活動はただ〝就職すること〟だけだとは捉えずに、今後の自分のあり方、生き方を決めていく第一歩と考えてもらえたらと思います。学生時代とはまた違って、仕事を通しての役割が皆に待っています。それには、これから人や社会に興味をもち、情報収集を自分でする意識、自分事として考えていくことが何よりも重要です。そのために就職課がありますので、積極的に活用してください。文京でも八王子でも、学部問わず両方の就職課で相談ができます。『自分の強みは何?』『学生時代特に何もしてきてないからわからない』『とにかく不安・・・』...等々一人で悩まず、いつでも相談に来てください。そして、自分なりにできることから始め、どんな大人になっていきたいかイメージを膨らませていきましょう。何かしら行動していくことで、悩みや不安は減っていきます。就職課全員で応援しています。一緒に頑張りましょう‼」

【編集後記】 
今回学生アドバイザーによる就職相談会を取材して感じたことは、他の就職支援プログラムに比べて就職活動について気軽に話すことができ、自分の抱える悩みについてとても丁寧に対応してくださり、とても価値のあるプログラムだと感じました。

取材に応じてくださった学生アドバイザーの皆様、君野様ありがとうございました。

取材記者 
法律政治学科3年 髙田 雅人 / 経済学科3年 齊藤 廉

April 20, 2018 1:49 PM