PROJECT NEWS


グローバルサークル【国際交流体験記⑮】フィリピンのとある山の麓で気づいた、本当に大切なこと。

「その鍋ちょうだい」と指をさして、そんなことを言っている気がした。セブ島の山の麓に住んでいるアンと私には共通言語がなかった。アンは、山道の案内や朝食を振舞ってくれたりして、とても親切な人でした。アンと出会って、本当に大切なことは、言語でなく、その人に「伝えたい」という思いなのだと気づきました。
商学部経営学科3年 浅井悠佑

★「国際交流体験記」詳細はコチラ!

February 2, 2017 4:20 PM