PROJECT NEWS


チームシューカツ「社会人基礎力育成グランプリ」学内選考会レポート

10月22日に拓殖大学文京キャンパスにて社会人基礎力育成グランプリ学内選考会が行われ、チームシューカツはこの運営委員を務めました。このグランプリは、学生たちが様々な活動を通して「社会人基礎力:学問で得られる専門知識やスキル以外に、仕事をする上で必要となる基本的な力をどのように身に付けたか、プレゼンテーションで発表して競い合います。今大会は、過去最多となる12チームが出場しましたが、その中から関東大会に進むことのできる最優秀賞と優秀賞の2チームが選出されます。今年度は、最優秀賞を長尾ゼミナールが、優秀賞にはTeam Glocal(Global×Local)が受賞しました。

全チームの発表終了後には、運営委員による企画、交流セッションを行いました。お題は、「都道府県魅力度ランキングにおいて下位10位にランクインする茨城、栃木、群馬、埼玉の4県を格上げするにはどうすればよいか」というものです。ここでは、発表者と観覧者とを区別せずいきなり会場全体で交流して頂いたため心配でした。ですが、会場にいる皆さんが一緒に楽しめるアクティビティがしたいという私たちの思いと同じように、積極的に参加をして楽しんで下さったおかげで、進行も滞ることなく、スムーズに終えることができました。

学生運営委員では、会場設営や掲示物事前準備から当日の運営までを行いました。私たちチームシューカツにとっては初めての大きなイベントであったため不安な反面、責任ある仕事ということでワクワクしていました。ですが、この不安は前日までに不安な点を確認しておくことで払拭し、当日を迎えることができました。これからは拓殖大学以外の学生も参加をする関東地区大会、全国大会を控えているので今回よりも強いチームワークで、拓殖大学の名に恥じのないスムーズな運営を行っていきたいと思います。

【文責】平成28年度 社会人基礎力育成グランプリ
学生運営委員長
商学部 経営学科 4年 長谷川昂司

November 1, 2016 6:15 PM