PROJECT NEWS


7月24日、カルチャーフォーラム・インドネシアと拓殖大学「スピリット・オブ・マジャパヒト号航海プロジェクト報告会」を開催!

2016年7月24日(日)、文京キャンパスE館にある後藤新平・新渡戸稲造記念講堂で「TAKUSHOKU NEW ORANGEカルチャーフォーラム・インドネシアと拓殖大学」を開催しました。
今年5月、インドネシアの古代帆船を復元し、インドネシアから日本を目指して航海する 「スピリット・オブ・マジャパヒト号航海プロジェクト」がスタート。これは本学の卒業生である高城芳秋(商学部貿易学科1973年卒業)氏が事務局長をつとめるマジャパヒト愛好コミュニティが、在日インドネシア大使館、インドネシア海洋・資源調整省、同観光省の協力および本学の支援により企画されたプロジェクトです。
カルチャーフォーラムでは本学理事長福田勝幸、マジャパヒト愛好コミュニティ代表のスマルヲト氏の挨拶をはじめ、本学留学生によるインドネシア理解のためのプレゼンテーションが行われました。引き続き、海洋冒険家の山本良行氏から「スピリット・オブ・マジャパヒト号」の航海報告があり、5月11日にジャカルタを出発し、ブルネイ、マニラ、台湾、沖縄、鹿児島、鳥羽までの古代帆船による航海の模様をフォーラム参加者は熱心に聴講。壮大な冒険プロジェクトに感心を寄せていました。
フォーラム終了後、歓迎レセプションをE館9階の展望ラウンジで開催。インドネシア料理の振る舞いにクルーのみなさんも久しぶりの母国の料理を楽しまれていました。配膳には本学の提携校であるインドネシアのダルマプルサダ大学の卒業生がおり、拓殖大学とインドネシアの関係の深さを改めて感じるレセプションとなり盛況のうちに幕を閉じました。 今後、インドネシアと本学の交流がますます盛んになることが期待されます。

詳しくはコチラをクリック!

July 26, 2016 6:44 PM